共に生きられる日本へ : 外国人施策とその課題

宮島喬 著

今や180万の定住外国人が働き、日本社会の一翼を担っている。その一方、福祉・医療や第二世代の教育などを含め、彼/彼女らをとりまく問題は、生活全体に広がってきている。グローバル化、少子・高齢化が進むなかで、共生社会を築く条件と課題は何か。社会学の視点から問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 今、共生の条件と課題とは?
  • 1章 外国人労働者から住民、市民へ
  • 2章 行き悩む多文化化-彼らの文化は権利を得たか
  • 3章 在日外国人における家族関係と家族問題
  • 4章 日本型福祉国家と外国人-"恩恵"から権利へ
  • 5章 外国籍、ニューカマーへの教育にみるマイノリティ問題-文化伝達という観点から
  • 6章 外国人生徒はどのように生き、学ぶか-不確かな未来の中で
  • 7章 外国人の子どもの「不就学」の構造
  • 8章 外国人市政参加の意義と課題
  • 9章 二〇一〇年の日本:一つの移民国へ?
  • エピローグ イミグレーションとどう向き合うべきか-日本の再認識、「日本人」の再定義との関連で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共に生きられる日本へ : 外国人施策とその課題
著作者等 宮島 喬
書名ヨミ トモニ イキラレル ニホン エ : ガイコクジン シサク ト ソノ カダイ
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 2003.3
ページ数 276, 11p
大きさ 19cm
ISBN 4641280819
NCID BA61425517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20392704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想