道徳教育論

徳永正直 [ほか]著

子どものための「道徳」授業を問い直す。子どもと真正面に向き合う「対話」による道徳教育のあり方を、理論から実践例まで交えて展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 道徳教育の課題(荒れる子どもたち?
  • 子どもの問題行動の変遷 ほか)
  • 2 日本の道徳教育-その現在・過去・未来(道徳教育の現状
  • 教学主義と勅語体制の確立と展開 ほか)
  • 3 道徳性の発達理論(道徳性の発達理論の二方向
  • 社会規範への同調と道徳性の発達 ほか)
  • 4 道徳教育の方法(ロールプレイングの授業
  • 価値明確化の道徳授業 ほか)
  • 5 秩序志向の道徳から創造志向の道徳へ(道徳の二つの役割-戦後教育における道徳の意味変容
  • 義務論的倫理と徳論的倫理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道徳教育論
著作者等 堤 正史
宮嶋 秀光
徳永 正直
林 泰成
榊原 志保
書名ヨミ ドウトク キョウイク ロン : タイワ ニ ヨル タイワ エノ キョウイク
書名別名 対話による対話への教育

Dotoku kyoiku ron
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2003.4
ページ数 173p
大きさ 22cm
ISBN 4888487553
NCID BA61409102
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20388832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想