家族と住居・地域

坂田聡 編

家族にとって住いとは何か。家族と不可分な地域社会との関わりに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家族と住居(平安貴族の居住形態
  • 越中中世における開発と集村化の考古学的研究
  • 近世における住居と社会
  • 日本型近代家族と住いの変遷)
  • 2 家族と地域社会(火山災害と人間生活
  • 平安時代の落穂拾い慣行と稲刈り労働
  • 中世後期の家と村社会
  • 戦国期東国の郷村における家について-本家・新屋・門屋・明屋敷考 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族と住居・地域
著作者等 上野 和男
中川 清
京樂 真帆子
前川 要
坂田 聡
大藤 修
平山 優
玉井 哲雄
能登 健
荒木 敏夫
西川 祐子
書名ヨミ カゾク ト ジュウキョ チイキ
書名別名 Kazoku to jukyo chiiki
シリーズ名 日本家族史論集 / 佐々木潤之介 ほか編 12
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.4
ページ数 380p
大きさ 22cm
ISBN 4642014020
NCID BA61378031
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20390186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想