人類の知的遺産  62

安藤 英治【著】

官僚制、カリスマ的支配、理念型、合理化。卓越した分析力により、現代のキーターム群を生みだし、全社会科学に圧倒的な影響を与えたウェーバー。人間精神から社会システムまで、古代から近代、ヨーロッパからアジアにまたがる広大な知の領域を精査し政治・経済・法・社会学から歴史・宗教学におよぶ壮大な業績を残した巨人の思想と生涯を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 マックス・ウェーバーの思想(ウェーバーはわれわれにとって何であったか
  • ウェーバーの精神構造)
  • 2 マックス・ウェーバーの生涯と思想の発展(ドイツとウェーバー
  • ウェーバー教授登場 ほか)
  • 3 マックス・ウェーバーの著作(『国民国家と経済政策』
  • 『社会科学的および社会政策的認識の"客観性"』 ほか)
  • 4 マックス・ウェーバーと現代(近代と現代の接点に立つウェーバー
  • われわれにとってウェーバーは何であるか?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類の知的遺産
著作者等 安藤 英治
書名ヨミ ジンルイ ノ チテキ イサン
書名別名 マックス・ウェーバー

Jinrui no chiteki isan
巻冊次 62
出版元 講談社
刊行年月 1979.2
ページ数 386, 10p
大きさ 18cm
ISBN 4061595873
NCID BA61365084
BN00412750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79010316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想