画家と自画像 : 描かれた西洋の精神

田中英道 著

すぐれた画家の描いた自画像は何を語るのか。十五世紀中頃、画家は職人から思想家へと変貌した。強烈な個性、卓出した技倆、自分を見つめる精神。自己を突き刺す神に対し、自己とは何かを問う画家。不安、憂い、謙虚、威厳ある顔、顔、顔。アルベルティ、デューラー、レンブラント等の絵を通し、自画像に秘められた西洋の精神と内面のドラマを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自画像の起源と理論(自画像前史-ギリシャ・ローマ・東洋
  • 自画像の発生 ほか)
  • 2 十五、六世紀の自画像(イタリアの三大巨匠
  • デューラーと北方の画家たち ほか)
  • 3 十七世紀の自画像(「バロック」の画家たち
  • レンブラント)
  • 4 近代の自画像(十八世紀とロマンチシズムの画家たち
  • 十九世紀後半から現代まで ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 画家と自画像 : 描かれた西洋の精神
著作者等 田中 英道
書名ヨミ ガカ ト ジガゾウ : エガカレタ セイヨウ ノ セイシン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.3
ページ数 260p
大きさ 15cm
ISBN 4061595857
NCID BA61364172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20380981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想