「心」はあるのか

橋爪大三郎 著

自分の気持ちが理解してもらえない、相手が何を考えているのか分からない。そんな悩みを抱えている人は少なくない。これらの悩みはみな、「心」の問題だと思われがちだが、その大半は、政治や経済、社会など、もっと広がりのある問題として考えるべきではないか。そもそも「心」という概念を、根本から問い直す必要があるのではないか。本書は、こうした問題意識から、これまで当然と思われてきた「心」の存在を多角的に検証し、私たちの常識を鮮やかに覆す。明晰かつスリリングな、社会学の試みだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人は「心」をどう論じてきたか(「心」はどう論じられてきたか
  • なぜ「心」があると思うのか
  • 言葉はなぜ通じるのか ほか)
  • 2 「心」を解く鍵-言語ゲーム(言語ゲームとは何か
  • 言語ゲームは価値相対主義か
  • 言語ゲームと「心」の働き ほか)
  • 3 「心」の問題を解き明かす(愛と性を考える
  • 言葉と倫理
  • 美の感動と言葉 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「心」はあるのか
著作者等 橋爪 大三郎
書名ヨミ ココロ ワ アルノカ
シリーズ名 シリーズ・人間学 1
ちくま新書 1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.3
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 4480059911
NCID BA61362392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20408550
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想