完本文語文

山本夏彦 著

祖国とは国語である。明治大正は新旧の思想風俗言語が衝突して、新が旧に勝った時代である。戦前早く漢字の知識は減りつつあったが、戦後それは限りなく無に近くなった。日本人は文語文を捨てて何を失ったか。樋口一葉、佐藤春夫、中島敦たちの諸家の名文を引き、失った父祖の語彙を枚挙し、現代口語文の欠点を衝く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文語文
  • 兆民先生
  • 聖書
  • 二葉亭四迷の思い出
  • 一葉の日記
  • 萩原朔太郎
  • 佐藤春夫
  • 訳詩集
  • 字引
  • 中島敦〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 完本文語文
著作者等 山本 夏彦
書名ヨミ カンポン ブンゴブン
書名別名 Kanpon bungobun
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2003.3
ページ数 334p
大きさ 16cm
ISBN 4167352168
NCID BA6135353X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20371193
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想