血液のレオロジーと血流

菅原基晃, 前田信治 共著

本書の前半は、細胞成分(赤血球、白血球、血小板)と血漿(各種電解質と各種有機物の水溶液)からなる血液の非ニュートン的粘性、赤血球の変形と集合、白血球や血小板の挙動を取り扱っている。後半は、血液の粘性などの物性にはさほど触れずに、心臓や大きな血管の中の血液流れの構造(圧と流速の分布と時間変化)について述べている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 血液のレオロジー(血液の構成成分と機能
  • 血液の粘度
  • 赤血球量
  • 血漿 ほか)
  • 2 血液循環のダイナミクス(応力
  • 流れに関する基本概念
  • 管の中の流れ
  • 大動脈内の乱流 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血液のレオロジーと血流
著作者等 前田 信治
菅原 基晃
書名ヨミ ケツエキ ノ レオロジー ト ケツリュウ
シリーズ名 ME教科書シリーズ / 日本エム・イー学会 編 B-7
出版元 コロナ社
刊行年月 2003.4
ページ数 139p
大きさ 26cm
ISBN 4339071471
NCID BA6134462X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20387676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想