こうすればできる安全な看護 : KYT事例で磨く医療事故防止のための「感性」と「思考力」

東京医科大学病院看護部安全対策委員会 監修

KYTとは?…K(危険)Y(予知)T(トレーニング=訓練)。本書では、イラストを見て考える、感性を刺激する医療事故防止に役立つ最高の実践的トレーニング法を解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 転倒・転落(病室内での転倒
  • トイレでの転倒・転落 ほか)
  • 第2章 与薬(口頭指示
  • 作業の中断 ほか)
  • 第3章 ライントラブル(各種ラインの整理)
  • 第4章 周産期(ハイリスク分娩
  • 沐浴)
  • 第5章 管理(紛失
  • 自傷 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こうすればできる安全な看護 : KYT事例で磨く医療事故防止のための「感性」と「思考力」
著作者等 東京医科大学病院
東京医科大学病院看護部安全対策委員会
書名ヨミ コウスレバ デキル アンゼンナ カンゴ : KYT ジレイ デ ミガク イリョウ ジコ ボウシ ノ タメノ カンセイ ト シコウリョク
シリーズ名 ナース専科books
出版元 ディジットブレーン
刊行年月 2003.2
ページ数 159p
大きさ 26cm
ISBN 4938936593
NCID BA61335968
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20516866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想