「モノと女」の戦後史

天野正子, 桜井厚 著

戦後に登場し、進化したモノによって、女性の生活や意識はどのように変貌したか。モノと人間の関係、人間と人間の関係、男と女の関係、そしてジェンダーの再編成を、パンスト・下着・ナプキン・避妊具・洗濯機など九つの「モノ」を切り口に、その交渉史をさぐり、これからの生き方を探求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「モノと女」の交渉史にむけて
  • 1章 パンスト-身体感覚を変える
  • 2章 下着-性と生を支配するもの
  • 3章 ナプキン-「汚れ」の呪縛を解く
  • 4章 避妊具-身体管理の社会装置
  • 5章 洗濯機-「戦後」の幕をひく
  • 6章 流し-「屈む」から「立つ」への道程
  • 7章 トイレ-女役割を映す鏡
  • 8章 手帳-暮らしのコントロール・システム
  • 9章 たばこ-自己主張を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「モノと女」の戦後史
著作者等 天野 正子
桜井 厚
書名ヨミ モノ ト オンナ ノ センゴシ : シンタイセイ カテイセイ シャカイセイ オ ジク ニ
書名別名 身体性・家庭性・社会性を軸に
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2003.3
ページ数 339p
大きさ 16cm
ISBN 4582764622
NCID BA61334433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20395821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想