外来インスリン導入のすすめ方 : 導入時の問題点と対策

後藤由夫 監修 ; 田中俊一, 塩田善朗 編

本書はインスリン療法の実践書で、適応から実施に関する指導法が具体的に述べられている。また治療に難渋する症例の解決法・工夫には、こんなやり方もあるのかとヒントを与えられる記述が多く掲載されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(なぜ、インスリン療法か
  • インスリン療法の適応
  • 外来インスリン導入のメリット ほか)
  • 実践(インスリン療法導入の流れ
  • インスリン療法導入の実際
  • 合併症のある症例への注意点 ほか)
  • ケーススタディ(小児(1型糖尿病、2型糖尿病)
  • 妊婦
  • 高齢者 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外来インスリン導入のすすめ方 : 導入時の問題点と対策
著作者等 塩田 善朗
後藤 由夫
田中 俊一
書名ヨミ ガイライ インスリン ドウニュウ ノ ススメカタ : ドウニュウジ ノ モンダイテン ト タイサク
書名別名 Gairai insurin donyu no susumekata
出版元 エルゼビア・サイエンスミクス
刊行年月 2002.10
ページ数 170p
大きさ 21cm
ISBN 4860344367
NCID BA61324225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想