映画狂人万事快調

蓮實重彦 著

すべて単行本未収録映画評論。「シネマの煽動装置」の刊行後も、連載はまだまだこんなに続いていた!映画狂人が「同時代的な風俗」と戯れることなく、映画の「現在」に触れる最新映画評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 その後のシネマの煽動装置(ヒッチコックやホークスやエリック・ロメールを撲滅すべき最大の敵だと断言できる時代はいつくるのだろうか
  • 近く創刊される映画の雑誌『リュミエール』の編集長から、宣伝をかねた読者へのお願い ほか)
  • 2 映画総論(『カイエ・デュ・シネマ』の休刊と新たな傾斜-映画における批評=言語行為の可能性を摸索して
  • 映画は人を殺す-「大作主義」のウラで ほか)
  • 3 洋画(ロブ=グリエの新作映画
  • 影の薄さの感動-『最前線物語』サミュエル・フラー監督 ほか)
  • 4 日本映画(鈴木清順監督『東京流れ者』
  • 不謹慎な鉄砲玉、中島貞夫 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画狂人万事快調
著作者等 蓮実 重彦
書名ヨミ エイガ キョウジン バンジ カイチョウ
出版元 河出書房新社
刊行年月 2003.2
ページ数 322p
大きさ 19cm
ISBN 4309266185
NCID BA61291396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20380868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想