胃癌・肝癌 : 胃癌ガイドラインの検証と肝癌の治療

落合武徳, 軍司祥雄, 小林進 編

本書は、2002年1月12日に主題を「胃癌・肝癌」として実施した第3回フォーラムの講演と討議内容を記録したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • テレ・パネルディスカッション 胃癌:ガイドラインの検証(胃癌の腹腔鏡下Sentinel node navigation surgeryの適用
  • 胃癌におけるsentinel node navigation surgeryは可能か?
  • 胃癌に対するEMRの限界
  • 術後機能評価からみた胃切除術 ほか)
  • パネルディスカッション 肝癌の治療(肝細胞癌の外科的治療(系統的区域切除、亜区域切除:適応、術式と成績
  • 拡大切除:根拠と成績)
  • 再発肝癌の治療
  • 肝内胆管癌の外科的治療
  • 転移性肝癌の治療-大腸癌肝転移の治療 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 胃癌・肝癌 : 胃癌ガイドラインの検証と肝癌の治療
著作者等 小林 進
落合 武徳
軍司 祥雄
書名ヨミ イガン カンガン : イガン ガイドライン ノ ケンショウ ト カンガン ノ チリョウ
書名別名 Igan kangan
シリーズ名 フォーラム「新世紀の消化器癌外科治療」 3
出版元 へるす
刊行年月 2002.12
ページ数 232p
大きさ 26cm
ISBN 4892694398
NCID BA61196748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20370374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想