入門表面分析 : 固体表面を理解するための

吉原一紘 著

表面分析法を理解するためには、基本となる電子、X線、イオン、探針と固体表面との相互作用を理解することが重要である。本書では、この相互作用を基礎から説明して、それが、どのようにしてそれぞれの表面分析法に応用されているのかをできるだけ平易に解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに
  • 2 電子と固体の相互作用を利用した表面分析法
  • 3 X線と固体の相互作用を利用した表面分析法
  • 4 イオンと固体の相互作用を利用した表面分析法
  • 5 探針の変位を利用した表面分析法
  • 付録(原子の構造
  • データ処理
  • 構造因子とフーリエ変換)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門表面分析 : 固体表面を理解するための
著作者等 吉原 一紘
書名ヨミ ニュウモン ヒョウメン ブンセキ : コタイ ヒョウメン オ リカイスル タメノ
書名別名 Nyumon hyomen bunseki
シリーズ名 材料学シリーズ / 堂山昌男, 小川恵一, 北田正弘 監修
出版元 内田老鶴圃
刊行年月 2003.3
ページ数 213p
大きさ 21cm
ISBN 4753656187
NCID BA61144176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20531997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想