囲碁心理の謎を解く

林道義 著

天才型の武宮正樹や依田紀基でもポカをするのはなぜか?左脳が働かなくなるとどんな碁になる?兄と弟で棋風が違うのはなぜ?『ヒカルの碁』で佐為が突然消えてしまうのはなぜ?さらに紫式部と清少納言の棋力を推定すると?また「門」をなぜゲタと読むようになったかなどの囲碁史の謎から、江戸川柳の解明まで、無意識心理学の視点も交えて囲碁界のさまざまな「?」を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 囲碁の効用は?
  • 2 棋士の心理を解き明かす
  • 3 碁好きの式部と少納言
  • 4 囲碁史の謎に迫る
  • 5 江戸囲碁川柳の謎解きに挑戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 囲碁心理の謎を解く
著作者等 林 道義
書名ヨミ イゴ シンリ ノ ナゾ オ トク
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2003.2
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4166603043
NCID BA6111896X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20377541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想