中国と台湾 : 対立と共存の両岸関係

岡田充 著

激化する軍拡競争、支えあう経済、暗躍する密使、新指導者、米中新冷戦-新局面に入った中台関係の本質を抉る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 「台湾海峡の緊張」という虚構
  • 2章 深まる経済相互依存のジレンマ
  • 3章 中国共産党の変貌
  • 4章 李登輝による「虚構崩し」
  • 5章 陳水扁政権はどこへ行くか
  • 6章 独立か、統一か多元化する政治潮流
  • 7章 米中協調関係の「虚」と「実」
  • 8章 軋む「七二年体制」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国と台湾 : 対立と共存の両岸関係
著作者等 岡田 充
書名ヨミ チュウゴク ト タイワン : タイリツ ト キョウゾン ノ リョウガン カンケイ
書名別名 Chugoku to taiwan
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2003.2
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4061496492
NCID BA61060032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20377970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想