量子の宇宙のアリス : 現代科学が開いた新しい世界像を体験する

ウィリアム・シェインリー 編 ; 中村康之 訳

ルイス・キャロルは、実はもうひとつ、少女アリスの物語を残していた!?1898年1月14日、アリスは化粧台の大きな鏡に呑みこまれ、またまた摩訶不思議な世界に迷い込んでしまう。チェシャ猫、三月ウサギ、白と赤のクイーンに加えて、喧々諤々の大論争を繰り広げるイエス教授とノー教授、量子の浮気娘、ボームの国の火の玉タクシー、妖精クレア、果てはシェイクスピアとバッハまで登場…。量子力学、相対性理論、宇宙論から、哲学、芸術論まで。現代科学の最先端を豊かなファンタジーをまじえてやさしく解説する「現代科学入門」の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「人生、それは夢にすぎないのか?」
  • アリス、フロー教授と知り合いになる
  • 現実‐深奥‐探求
  • 牡蛎のカドリール
  • 量子の浮気娘
  • アリス、量子的精神を体験する
  • ボームの国のアリス
  • 宇宙の中心
  • カオスの国
  • 女王ロージ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子の宇宙のアリス : 現代科学が開いた新しい世界像を体験する
著作者等 Shanley, William
中村 康之
Shanley William B.
シェインリー ウィリアム・B.
書名ヨミ リョウシ ノ ウチュウ ノ アリス : ゲンダイ カガク ガ ヒライタ アタラシイ セカイゾウ オ タイケンスル
書名別名 Lewis Carroll's lost quantum diaries

Alice zwischen den Welten
出版元 徳間書店
刊行年月 2003.2
ページ数 398p
大きさ 20cm
ISBN 4198616442
NCID BA61054506
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20380348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想