奈良時代軍事制度の研究

松本政春 著

本書では、主に八世紀の奈良時代の軍事制度を考察の対象として、軍事という視点から、日本古代律令国家の特質を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 軍団と兵士(律令制下諸国軍団数について
  • 軍団の等級とその規模
  • 一戸一兵士説への疑問 ほか)
  • 第2編 兵器の生産と管理・運用(造兵司の復置年代について
  • 延喜兵部省式諸国器仗条をめぐる諸問題
  • 西海道における諸国器仗制の成立 ほか)
  • 第3編 馬政と軍事(官人騎兵制とその展開
  • 貴族官人の騎馬と乗車
  • 軍団騎兵と健児-橋本裕氏の論に接して ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奈良時代軍事制度の研究
著作者等 松本 政春
書名ヨミ ナラ ジダイ グンジ セイド ノ ケンキュウ
出版元 塙書房
刊行年月 2003.2
ページ数 406, 18p
大きさ 22cm
ISBN 482731179X
NCID BA61022758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20508375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想