ヤン・ファン・エイク : 光と空気の絵画

小林典子 編

小さな画面に光あふれる窓辺を描いたヤンの技術はどのように完成したか。フランドル地域の「職人的な経験」から生まれたという定説を覆し、14‐15世紀のパリ文化刷新の一翼を担う事業によって完璧な技術に高められたことを究明した、著者渾身の作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヤン・ファン・エイク研究あるいは絵画の難題(「光と空気」のさいしょの描出
  • E.パノフスキー『初期ネーデルラント絵画-その起源と性格』-序章「イタリアと低地諸邦における、十五世紀ヨーロッパ絵画の二極性」再考 ほか)
  • 第2章 光と空気の絵画誕生-写本彩飾挿絵画家ヤン・ファン・エイク(「トリノ=ミラノ時祷書」と「ニューヨーク二連板」)(ヤン・ファン・エイクの資料-生涯と作品
  • ヤン・ファン・エイク初期作品 ほか)
  • 第3章 光と空気の言説誕生-「見ることの研究」とヤン様式の成立(パリ学派中世後期スコラ学における新しい光学理論)(古代・中世光学概史
  • 光の媒体-中間に介在するもの(アリストテレス『デ・アニマ(魂について)』) ほか)
  • 終章 ヤン・ファン・エイクあるいは光学的言説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヤン・ファン・エイク : 光と空気の絵画
著作者等 小林 典子
書名ヨミ ヤン ファン エイク : ヒカリ ト クウキ ノ カイガ
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2003.2
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 4872590929
NCID BA61019491
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20522576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想