組織神学序説 : プロレゴーメナとしての聖書論

大木英夫 著

神学なき近代日本の中で、なぜ神学という学問が必要になるのか?近代世界形成の原動力としての聖書の存在を明らかにしながら、近代日本という状況の中で神学に至る"道"としての聖書論を確立し、さらにそこから"歴史神学"としての組織神学の基礎構造を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 方法(なぜキリスト教か
  • 神学なき時代の神学の可能性-状況と方法の問題
  • 近代世界の形成と聖書
  • プロレゴーメナとしての聖書論)
  • 第2部 組織(証言の"ゲシュタルト"と組織神学の構造化
  • 歴史神学の基礎と構造
  • 契約論的組織)
  • 付録 聖書学と組織神学-左近聖書学の神学的軌跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組織神学序説 : プロレゴーメナとしての聖書論
著作者等 大木 英夫
書名ヨミ ソシキ シンガク ジョセツ : プロレゴーメナ ト シテノ セイショロン
出版元 教文館
刊行年月 2003.2
ページ数 592, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4764272164
NCID BA61011117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20540186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想