死霊

埴谷雄高 著

存在の革命を根本命題とする壮大な形而上小説。

「BOOKデータベース」より

深更、濃霧の中を彷徨って帰宅した三輪与志に、瀕死の兄高志が語り始める。自ら唱える"窮極の革命"理論に端を発した、密告者のリンチ事件と恋人の心中、さらに"窮極の秘密を打ち明ける夢魔"との対決。弟の与志はじっと聴きいる。外は深い、怖ろしいほどの濃闇と静寂。兄の告白は、弟の渇し求める"虚体"とどう関わるのか。『死霊』第一の山場五章を中心に四章六章を収録。

「BOOKデータベース」より

黙狂の矢場徹吾が遂に口を開く。"決していってはならぬ最後の言葉"を語り始める第二の山場。そして翌日の昼、主要人物が一堂に会する津田安寿子の誕生祝いの席上、果して何が起こるのか。七章から最後の九章までを収録。精神の"無限大"をつきつめ、文学の窮極大飛翔をはかった傑作、埴谷雄高の『死霊』は幕を閉じる。だが、埴谷が生涯かけて追究した"存在の革命"は未来へ託された-。

「BOOKデータベース」より

晩夏酷暑の或る日、郊外の風癲病院の門をひとりの青年がくぐる。青年の名は三輪与志、当病院の若き精神病医と自己意識の飛躍をめぐって議論になり、真向う対立する。三輪与志の渇し求める"虚体"とは何か。三輪家四兄弟がそれぞれのめざす窮極の"革命"を語る『死霊』の世界。全宇宙における"存在"の秘密を生涯かけて追究した傑作。序曲にあたる一章から三章までを収録。日本文学大賞受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死霊
著作者等 埴谷 雄高
書名ヨミ シリョウ
書名別名 Shiryo
出版元 講談社
刊行年月 1981.9
ページ数 2冊
大きさ 22cm
ISBN 4061983210
NCID BA47291691
BA52105220
BA6100711X
BN01287100
BN05050588
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81045621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想