ぼくらは下町探険隊

なぎら健壱 著

第一部は、東京都江東区木場の小学校五年生、東川壮一君が、1990年の木場から佃、築地、浅草、日暮里、隅田川、門前仲町…などの下町を探険して歩いた記録。第二部は、それから11年後、なぎら健壱による、さらに変わりゆく下町の、歴史と現在を再探訪する旅。子供向けに書かれた「ぼくらは下町たんけん隊」に、書き下ろしの第二部と写真を大幅に増補した、なぎら健壱の下町歩き決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ぼくらは下町たんけん隊-一九九〇年東川壮一君編(プロローグ-らんかんだけの橋
  • 佃から築地へ
  • 浅草あたり
  • 日暮里かいわい
  • 隅田川をのぼる ほか)
  • 第2部 『ぼくらは下町たんけん隊』を歩く-二〇〇二年(『らんかんだけの橋』
  • 『佃から築地へ』
  • 『浅草あたり』
  • 『日暮里かいわい』
  • 『隅田川をのぼる』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくらは下町探険隊
著作者等 なぎら けんいち
なぎら 健壱
書名ヨミ ボクラ ワ シタマチ タンケンタイ
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.2
ページ数 309p
大きさ 15cm
ISBN 4480038000
NCID BA61006263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20380983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想