技術者倫理と法工学

清水克彦 著

本書は、著者が専攻する法工学の研究成果を基に近代的倫理および社会的責任を技術と技術者に関係する視点からわかり易く、具体的にかつその基本から解説するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 技術者倫理(技術者倫理と倫理規定の制定
  • ボーダーレスエコノミーと国際整合の進展 ほか)
  • 2 リスクへの対応と法工学(規制行政のあり方
  • 新たな対応と法工学の必要性)
  • 3 リスクへの対応:EC/EU諸国の事例(英国の行政構造改革の考え方
  • EC/EUの新政策)
  • 4 マネジメントシステム・自主的活動と技術者倫理(法規制とマネジメントシステムの相互関係
  • 専門的力量向上の必要性 ほか)
  • 5 技術者協会の役割と法工学(法工学の全体像
  • 技術者協会の役割 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 技術者倫理と法工学
著作者等 清水 克彦
書名ヨミ ギジュツシャ リンリ ト ホウコウガク
出版元 共立
刊行年月 2003.2
ページ数 186p
大きさ 21cm
ISBN 4320071530
NCID BA60995451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20379093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想