都市経済論

杉浦章介 著

先進国人口の大多数が都市的な生活環境に暮らす現在、都市経済はその国の経済の中心をなすと同時に、グローバル化する国際経済のなかで国境を越えた多くの経済現象の中核的な役割をも占める存在である。本書では、食事や買い物、家探し、アルバイト、交通渋滞、ゴミ問題、介護や医療といった身近な都市問題を手がかりにして-すなわち都市というレンズを通して-現代経済が抱える多岐にわたる問題について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 都市化と都市経済
  • 第1部 産業集積としての都市経済(大量生産システムと都市経済
  • 集積と利益の外部性 ほか)
  • 第2部 空間的システムとしての都市経済(都市経済の空間的内部分化
  • 中心性と都市システム ほか)
  • 第3部 社会的共通資本としての都市経済(社会的共通資本と経済活動
  • 都市の経済成長と社会的共通資本 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市経済論
著作者等 杉浦 章介
書名ヨミ トシ ケイザイ ロン
シリーズ名 岩波テキストブックス
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.2
ページ数 226p
大きさ 21cm
ISBN 4000260367
NCID BA60980873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20380130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想