中東のゲットーから

重信メイ 著

歴史は皮肉だ。有史以来、流浪とゲットー暮らしの辛酸をなめてきたユダヤ人はイスラエルという国をつくるや、パレスチナ人をゲットーに押し込めた。土地も、水も、移動の自由さえも奪われた中東のゲットー。人種、宗教が違うから泥沼の戦争が続くのではない。徹底した差別と弾圧で人々の尊厳を奪い、武力で土地を奪うイスラエルの意図が無くならない限り、戦争は続く。同時多発テロ以来、「パレスチナ=テロの温床」という誤ったイメージが世界を駆けめぐっている。アメリカはもちろん、日本でも…。しかし、真実は?重信メイは、パレスチナの現状を冷静に世界に伝えようとしている。メディアを妄信して疑わない日本人にも、パレスチナと日本をつなぐ熱い思いを伝えようとしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パレスチナ難民の暮らし
  • パレスチナというゲットー
  • 日本とパレスチナをつなぐもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中東のゲットーから
著作者等 重信 メイ
書名ヨミ チュウトウ ノ ゲットー カラ
シリーズ名 That's Japan 7
出版元 ウェイツ
刊行年月 2003.2
ページ数 126p
大きさ 21cm
ISBN 4901391313
NCID BA60948225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20404795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想