科学の社会史  下

廣重徹 著

日本の科学は、戦時総力戦体制のもとに構築された基盤の上で成長し、戦後の経済政策に即応することで大きな飛躍を遂げた。下巻では、敗戦・復興から高度成長へといたる時代の科学に焦点を当てる。時代と科学を見すえる著者の鋭い眼差しは、科学の未来を考えるうえで多くの示唆に富んでいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第7章 科学者・技術者の教育
  • 第8章 科学動員の終局
  • 第9章 科学の体制化
  • 第10章 日本学術会議の成立
  • 第11章 経済成長と科学
  • 第12章 期待から幻滅へ
  • 終章 これからの科学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学の社会史
著作者等 広重 徹
書名ヨミ カガク ノ シャカイシ
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.2
ページ数 294p
大きさ 15cm
ISBN 4006000944
NCID BA60937852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20376076
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想