学校で役立つDSM-4

アルヴィン E.ハウス 著 ; 上地安昭 監訳 ; 宮野素子 訳

児童臨床、スクールサイコロジー、児童福祉などの分野に従事するサイコロジストにとって、DSM‐4の有効で正確な使用は専門的職務の必須の一部になりつつある。しかし、DSM‐4の膨大で複雑な分類を目の前にして気後れしてしまう初学者も多い。本書は、サイコロジストがDSM‐4に精通し、自信を持って学校現場で活用できることを意図している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 診断学的問題とDSM‐4の使用(精神医学的診断:スクールサイコロジストの課題
  • DSM‐4診断システムの概観
  • DSM‐4の使用法)
  • 第2部 症状の評価についてのガイドライン(破壊的行動症状(表面化する問題)
  • 情緒の症状(内面化する問題)
  • 物質関連の問題、他の「嗜癖」行動、および有害な環境が及ぼす影響 ほか)
  • 第3部 学校現場におけるDSM‐4の適用:課題と論点(評定における倫理的および専門的責任
  • ケースの記録:診断のためのデータや裏づけとなる記録
  • 学校現場におけるアセスメントと診断に対する医療給付の可能性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校で役立つDSM-4
著作者等 House, Alvin E
上地 安昭
宮野 素子
ハウス アルヴィン・E
書名ヨミ ガッコウ デ ヤクダツ DSM-4 : DSM-4-TR タイオウ サイシンバン
書名別名 DSM-4 diagnosis in the schools. (Updated.)

DSM-4-TR対応最新版
出版元 誠信書房
刊行年月 2003.2
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 4414428572
NCID BA60913661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20379723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想