有事法制批判

憲法再生フォーラム 編

「備えあれば憂いなし」の掛け声のもと、立法化が進む有事法制。これは、本当に私たちの安全を守るものなのか。立憲主義の精神はどうなってしまうのか。日本国憲法の価値を擁護し発展させる活動を続けるフォーラムが、有事法制の背景・しくみ・問題点を徹底検証。有事法制を根底から批判し、平和主義を生かす道とは何かを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自由を捨てる選択をするのか
  • 第2章 なぜ、いま有事法制なのか
  • 第3章 有事法制のしくみと問題点
  • 第4章 立憲主義の危機
  • 第5章 私たちの暮らしに何がおきるのか
  • 第6章 有事法制によらない安全保障の道
  • 第7章 「憲法」か「有事法制」か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 有事法制批判
著作者等 憲法再生フォーラム
書名ヨミ ユウジ ホウセイ ヒハン
書名別名 Yuji hosei hihan
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.2
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4004308240
NCID BA60883797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20382050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想