明治維新

田中彰 [著]

アジアの「近代革命」はいかにして成ったか。開国から琉球処分への激動の二十余年は、日本史最大の転換点だった。列強による半植民地化への巨大な圧力、米欧を体験したリーダーたちによる新国家システムの構築、そして解放をねがう民衆の沸騰するエネルギー。これら三つの巨大な「力」が渦巻く鮮烈な歴史のドラマを活写しつつ、維新力学の根源に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代日本の開幕-はじめに
  • 「世直し」か「王政復古」か
  • 戊辰の内乱
  • 民心のゆくえ
  • 統一国家の形成(支配の思想
  • 支配の実体)
  • 天皇の座の粉飾
  • 岩倉米欧使節団
  • 内務卿大久保利通
  • 徴兵令と地租改正
  • 「文明開化」の内実
  • 東アジアのなかの日本
  • 維新の終幕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治維新
著作者等 田中 彰
書名ヨミ メイジ イシン
書名別名 日本の歴史
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.2
ページ数 492p
大きさ 15cm
ISBN 4061595849
NCID BA60850561
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20369039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想