チェロを弾く少女アニタ : アウシュヴィッツを生き抜いた女性の手記

アニタ・ラスカー=ウォルフィッシュ 著 ; 藤島淳一 訳

アウシュヴィッツに送られたアニタは、チェロが弾けたおかげで、収容所のオーケストラに入り、奇跡的にガス室送りをまぬがれる。いまもチェリストとして活躍する著者が、50年の沈黙を破り、少女の透明な眼差しを通して、絶滅収容所の真実を伝えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦争前のドイツと水晶の夜
  • 2 家族との離別
  • 3 ブレスラウでの孤立
  • 4 監獄にて
  • 5 裁判とレナーテのヤウアー刑務所への移送
  • 6 監獄からアウシュヴィッツへの移送
  • 7 合奏団
  • 8 アウシュヴィッツからベルゲン=ベルゼンへ
  • 9 ベルゲン=ベルゼンの解放
  • 10 解放後のベルゼン収容所での生活とブリュッセルへの脱出
  • 11 ブリュッセルでの待機
  • 12 イギリスへの渡航

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チェロを弾く少女アニタ : アウシュヴィッツを生き抜いた女性の手記
著作者等 Lasker-Wallfisch, Anita
藤島 淳一
書名ヨミ チェロ オ ヒク ショウジョ アニタ : アウシュヴィッツ オ イキヌイタ ジョセイ ノ シュキ
書名別名 Inherit the truth 1939-1945

Chero o hiku shojo anita
出版元 原書房
刊行年月 2003.2
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 4562035838
NCID BA60845277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20433460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想