中国怪食紀行 : 我が輩は「冒険する舌」である

小泉武夫 著

犬はシコシコ、蛇は上品、ネズミは甘くて、虫は滋味。お茶を食べては、珍酒で元気。料理人も踊り出す。食の冒険家小泉教授が中国の奇妙奇天烈な美味珍味と、愉快な人々との出会いをもとめて、西へ東へ旅をする。150枚以上の写真と軽妙な語り口で綴る、抱腹絶倒、驚天動地の痛快ビジュアル・エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 赤い色が似合う国
  • 犬を食す
  • 涙に咽ぶ魚です
  • 君知るや究極の蛇の味
  • 鶏がとっても旨いから
  • 草の子たちに成仏あれ
  • 虫は胃なもの味なもの
  • 永遠の熟鮓
  • 茶の国は知恵深し
  • 醸して変身〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国怪食紀行 : 我が輩は「冒険する舌」である
著作者等 小泉 武夫
書名ヨミ チュウゴク カイショク キコウ : ワガハイ ワ ボウケンスル シタ デ アル
シリーズ名 知恵の森文庫
出版元 光文社
刊行年月 2003.2
ページ数 241p
大きさ 16cm
ISBN 4334782051
NCID BA60836414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20368227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想