痴呆疾患の治療ガイドライン

中村重信 編著

アルツハイマー型痴呆をはじめとした痴呆症を治療しようとする試みは、歴史も浅く、わが国では十分検討されたものの数はごく限られたものである。しかし、現実の医療の現場ではさまざまの薬物が投与され、多方面からのケアがなされており、さらに新しい治療法も計画されている。また、欧米などでは現在わが国で使用を許可されていない治療法なども開発・認可されているものがある。本書は痴呆症に対する治療法をデータに沿って正確に評価したうえで、痴呆患者の治療やケアに役立てることを目的としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 痴呆の定義、経過、疫学
  • 第2章 痴呆の全般的な治療原則と選択肢
  • 第3章 治療計画の策定
  • 第4章 治療の決定に影響する因子
  • 第5章 痴呆の予防と進行抑制
  • 第6章 アルツハイマー型痴呆:知能低下を改善する治療
  • 第7章 脳血管性痴呆
  • 第8章 その他の痴呆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 痴呆疾患の治療ガイドライン
著作者等 中村 重信
書名ヨミ チホウ シッカン ノ チリョウ ガイドライン
出版元 ワールドプランニング
刊行年月 2003.2
ページ数 140p
大きさ 21cm
ISBN 4948742473
NCID BA60774736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20519083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想