性差医学入門 : 女と男のよりよい健康と医療のために

Theresa M.Wizemann, Mary-Lou Pardue 編 ; 貴邑冨久子 監修 ; 荒木葉子 翻訳編集代表

「小型の男」としての女の医療から、「女」の医療、「男」の医療へ。性差についての膨大なエビデンスをまとめあげた渾身の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 細胞内にある性
  • 第3章 性は子宮に始まる
  • 第4章 性は行動と知覚に影響する
  • 第5章 性は健康に影響を及ぼす
  • 第6章 生物学的性差の研究の将来:課題と可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性差医学入門 : 女と男のよりよい健康と医療のために
著作者等 Pardue, Mary Lou
Wizemann, Theresa
Wizemann, Theresa M
荒木 葉子
貴邑 富久子
Pardue Mary‐Lou
Wizemann Theresa M.
書名ヨミ セイサ イガク ニュウモン : オンナ ト オトコ ノ ヨリヨイ ケンコウ ト イリョウ ノ タメニ
書名別名 Exploring the biological contributions to human health
出版元 じほう
刊行年月 2003.1
ページ数 288p
大きさ 21cm
ISBN 4840730199
NCID BA60722958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20379730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想