足利義政 : 日本美の発見

ドナルド・キーン 著 ; 角地幸男 訳

一人の無能な将軍が恣につくりあげた文化が、その後の日本人すべての美意識を決定づけた。著者が半世紀にわたって深く関心をもちつづけてきた東山文化。それはどのようにして生まれたのかを、愛着をこめて描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東山時代と燻し銀の文化
  • 第1章 父義教の暗殺
  • 第2章 乳母と生母の狭間で
  • 第3章 将軍を取り巻く男と女
  • 第4章 応仁の乱と東山趣味
  • 第5章 東山山荘の造営
  • 第6章 雪舟・一休と日本文化の心
  • 第7章 歌人義政と連歌芸術
  • 第8章 花道と築庭と
  • 第9章 茶の湯の誕生
  • 第10章 晩年の義政

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 足利義政 : 日本美の発見
著作者等 Keene, Donald
角地 幸男
キーン ドナルド
書名ヨミ アシカガ ヨシマサ : ニホンビ ノ ハッケン
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.1
ページ数 247p
大きさ 20cm
ISBN 4120033570
NCID BA6072114X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20385696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想