関東の醤油と織物

林玲子 著

近世・近代の経済は江戸・東京の発達に大きく左右された。庶民生活の向上を背景に、先進地産の大坂下り商品に代って、関東周辺の地域生産物が成長した。その代表である醤油と織物の市場や商人像を具体的に描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 関東醤油をめぐって(関東醤油の江戸進出-一八世紀前半を中心に
  • 江戸醤油問屋の成立過程-大国屋勘兵衛商店を中心に
  • 江戸地廻りの経済圏の展開と為替手形-銚子醤油醸造業を中心に
  • 銚子醤油醸造業と利根水運-一九世紀前半を中心に
  • 銚子醤油醸造業の市場構造-一九世紀を中心に)
  • 第2部 関東の織物と商人(関東生絹の流通構造-一八〜一九世紀前半を中心に
  • 近江商人丁吟の東国進出-一九世紀を中心に
  • 下館中兵家と綿織物-大正中期までの綿織物業と金融との関係)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関東の醤油と織物
著作者等 林 玲子
書名ヨミ カントウ ノ ショウユ ト オリモノ : 18 19セイキ オ チュウシン ト シテ
書名別名 18~19世紀を中心として

Kanto no shoyu to orimono
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.2
ページ数 357p
大きさ 22cm
ISBN 4642033815
NCID BA60658994
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20372689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想