触覚の世界 : 実験現象学の地平

ダーヴィット・カッツ 著 ; 東山篤規, 岩切絹代 訳

それは世界の肌理や質感の微妙な差を鋭敏に読む。手のみに限らず、身体の様々な部位に生じる触覚の豊かな現象学的事実と、その因果‐発生的関係を生き生きと語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 触覚的世界の現われ方(批判と方法論:序説
  • 触現象の種類
  • 触現象の形成要因としての運動)
  • 第2部 触覚的活動の量的研究(表面触に関する研究
  • 貫通触面と空間の貫通触性の研究
  • 触運動の分析 ほか)
  • 第3部 触覚的活動のさらなる分析(触覚における振動感覚の役割
  • 触覚的形の構造に対する視覚および運動過程の寄与)
  • 第4部 応用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 触覚の世界 : 実験現象学の地平
著作者等 Katz, David
岩切 絹代
東山 篤規
カッツ ダーヴィット
書名ヨミ ショッカク ノ セカイ : ジッケン ゲンショウガク ノ チヘイ
書名別名 Der Aufbau der Tastwelt
出版元 新曜社
刊行年月 2003.1
ページ数 231p
大きさ 22cm
ISBN 4788508338
NCID BA60624711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20371709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想