物質としての脳

阿部輝雄, 吉岡亨 編

[目次]

  • 第1章 脳のタンパク質(刻まれて信号となる分子-ニューロペプチド
  • 結合し合って構造体をなす分子 ほか)
  • 第2章 脳の脂質(ファーストメッセンジャー(受容体アゴニスト)としての生理活性物質
  • セカンドメッセンジャーとしての活性脂質 ほか)
  • 第3章 脳の糖鎖(糖タンパク質の糖鎖
  • プロテオグリカンの糖鎖 ほか)
  • 第4章 脳におけるエネルギー代謝(生体におけるエネルギー代謝およびその調節の基本的性質
  • 脳におけるエネルギー代謝の特性と研究の流れ ほか)
  • 第5章 シナプスの化学(化学シナプスにおける単一方向性の信号伝達
  • シナプス小胞研究の歴史 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物質としての脳
著作者等 吉岡 亨
阿部 輝雄
書名ヨミ ブッシツ ト シテノ ノウ
シリーズ名 シリーズ・脳研究への出発
出版元 共立
刊行年月 2003.1
ページ数 162p
大きさ 21cm
ISBN 4320055926
NCID BA60621269
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20373428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想