ダイオキシン : 神話の終焉

渡辺正, 林俊郎 著

どこから発生するのか。人間にとって危険なのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 この国のかたち・ダイオキシン編(ネットは語る
  • 国際会議も ほか)
  • 1章 「サリンの二倍」は筋ちがい(的の外れた脅し文句
  • 猛毒説の根元 ほか)
  • 2章 どこでどれだけ生まれるか(筋の通らぬ大騒ぎ
  • 「ダイオキシン問題」のルーツ ほか)
  • 3章 人体のダイオキシン汚染?(ローマ時代の環境汚染
  • からだに入るダイオキシン ほか)
  • 4章 亡国の「ダイオキシン法」(異様な建物
  • 畳屋さんは大弱り ほか)
  • 5章 ダイオキシン法の誕生秘話(誕生前夜
  • テレビ報道の意図 ほか)
  • 6章 つくられたダイオキシン禍(恐怖の物語
  • 虚構のグラフ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダイオキシン : 神話の終焉
著作者等 林 俊郎
渡辺 正
書名ヨミ ダイオキシン : シンワ ノ シュウエン
シリーズ名 Environmental science for our future 2
シリーズ地球と人間の環境を考える 2
出版元 日本評論社
刊行年月 2003.1
ページ数 211, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4535048223
NCID BA60597856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20369321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想