コンビナトリアル・バイオエンジニアリング : 情報から機能の創造をめざして

植田充美, 近藤昭彦 編

[目次]

  • コンビナトリアル・バイオエンジニアリングとは
  • 1部 基本システム(生理活性物質を認識する一本鎖DNAをつくる
  • ファージを用いたシステムの基礎および最近の進歩 ほか)
  • 2部 情報分子資源の拡大(DNAシャッフリングによる酵素タンパク質の改良
  • マイクロ遺伝子のタンデム重合 ほか)
  • 3部 基本システムの応用とその展開(RNAアプタマーとアロステリックリボザイムの創製
  • ナノ分子デバイスの創成 ほか)
  • 4部 今後の展望(薬物送達への展開
  • 植物工学への展開-外来有用タンパク質の機能発現 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンビナトリアル・バイオエンジニアリング : 情報から機能の創造をめざして
著作者等 植田 充美
近藤 昭彦
書名ヨミ コンビナトリアル バイオエンジニアリング : ジョウホウ カラ キノウ ノ ソウゾウ オ メザシテ
書名別名 Konbinatoriaru baioenjiniaringu
シリーズ名 化学フロンティア 9
出版元 化学同人
刊行年月 2003.1
ページ数 213p
大きさ 26cm
ISBN 475980739X
NCID BA60554525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20485024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想