北京大学超エリートたちの日本論 : 衝撃の「歴史認識」

工藤俊一 著

「倭寇」「日本鬼子(鬼畜日本人)」を中国人は忘れていない。熱しやすく、冷めにくい中国人の愛国心とは何か。新しい時代を担うエリートたちの衝撃の本音を公開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史の傷跡は今も息づいている
  • 第2章 北京大学と天安門事件
  • 第3章 エリートたちの「歴史認識」
  • 第4章 中国人の愛国心と民族性
  • 第5章 日本軍による北京大学受難史
  • 第6章 反日感情を育てる教育システム
  • 第7章 北京大生は日本人をこうみている
  • 第8章 中国人の思考法を理解するカギ
  • 第9章 さらば、北京大学-新しい歴史をつくろう
  • 第10章 若い世代の新しい歴史認識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北京大学超エリートたちの日本論 : 衝撃の「歴史認識」
著作者等 工藤 俊一
書名ヨミ ペキン ダイガク チョウエリートタチ ノ ニホンロン : ショウゲキ ノ レキシ ニンシキ
書名別名 Pekin daigaku choeritotachi no nihonron
シリーズ名 講談社+α新書
出版元 講談社
刊行年月 2003.1
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4062721767
NCID BA60536217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20369212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想