中世の天皇観

河内祥輔 著

古代・中世の貴族や武士は、天皇をどのような存在とみなしていたのでしょうか。また、天皇自身は、どのような存在でありたいと考えていたのでしょうか。古代・中世の政治的事件のほとんどすべては、皇位継承問題が原因で起きたといっても過言ではありませんが、その背景にはこの時代の独特の天皇観がありました。その特徴はどこにあるのか、我々現代人の天皇観と対比しながら探ってみましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「万世一系」の天皇イメージ
  • 2 『愚管抄』と『神皇正統記』
  • 3 正統(ショウトウ)の理念
  • 4 「正統」理念系図の見方
  • 5 「神国」と天皇
  • 6 皇位継承問題と天皇観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の天皇観
著作者等 河内 祥輔
書名ヨミ チュウセイ ノ テンノウカン
シリーズ名 日本史リブレット 22
出版元 山川出版社
刊行年月 2003.1
ページ数 102p
大きさ 21cm
ISBN 463454220X
NCID BA60512886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20371681
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想