介護保険 : 地域格差を考える

中井清美 著

本格的な高齢化社会をむかえ、介護保険制度がスタートして三年。だが、地方自治体による介護サービスには地域によって大きな差があり、これをどう考えるかが喫緊の問題となっている。民間事業者、NPOなどの活動も視野に入れつつ、充実したサービスにむけて努力する自治体の現場をルポし、市民のための介護システムを追求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 介護サービスの地域格差とは?(介護保険制度が導入されるまで
  • 介護保険とは何か
  • 介護保険導入後にみる地域格差の実態)
  • 第2章 地域格差と向き合う市町村(生涯にわたる安心を目指す-東京都品川区
  • 公共性を守るのが使命-埼玉県所沢市
  • 福祉サービスの狭間で-千葉県鎌ケ谷市
  • 民間活力を導入-兵庫県神戸市)
  • 第3章 地域格差の時代を生き抜くために(より良い市町村とは何か
  • 地域格差に負けない方法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 介護保険 : 地域格差を考える
著作者等 中井 清美
書名ヨミ カイゴ ホケン : チイキ カクサ オ カンガエル
書名別名 Kaigo hoken
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.1
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 4004308208
NCID BA60493045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20374220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想