隠された児童虐待 : PTSD・依存症の発症メカニズムと効果的なトラウマセラピー

鈴木健治 著

あなたにもPTSDや依存症の症状はありませんか?「何となくやる気がない、こころがいつも不安定、人目が気になる、自分のことが好きじゃない、人間関係で同じような失敗を繰り返す、親友ができない、恋愛がうまくいかない、対人緊張や対人恐怖が強い、仕事が長続きしない、本当は自分が何をやりたいのか分からない、慢性的な身体症状がある、過食や他の依存症で悩んでいる」こんな症状に思い当たったら…。あなたは大丈夫か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • トラウマとは?
  • 児童虐待はどこにでもある
  • PTSDの発症のメカニズム
  • 親によって主体性を奪われる子どもたち-傷つきのメカニズム
  • 主体性を奪われた『虐待被害者』の苦しみ-アンケート調査から
  • 『無自覚な虐待者たち』親の言い分-アンケート調査から
  • 良い子も立派な依存症-過剰適応と自己喪失感
  • 家族の変質と親子の自立
  • 良い子の強要が社会にもたらしたもの
  • 親子関係の回復が社会を変えていく-より良い親子関係を築くために
  • トラウマセラピーの実際

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隠された児童虐待 : PTSD・依存症の発症メカニズムと効果的なトラウマセラピー
著作者等 鈴木 健治
書名ヨミ カクサレタ ジドウ ギャクタイ : PTSD イソンショウ ノ ハッショウ メカニズム ト コウカテキナ トラウマ セラピー
書名別名 Kakusareta jido gyakutai
出版元 文芸社
刊行年月 2002.12
版表示 初版第2刷
ページ数 301p
大きさ 19cm
ISBN 4835524144
NCID BA60480724
BB00836195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20359921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想