女性学の再創造

三宅義子 著

本書の構成は、「女性労働」、「性と生殖」、および「家族」という女性の生活圏をカヴァーする論考を配列し、そのような女性の生きる空間に軸足を据えながら、社会と歴史をみる視点を探究する分野である「女性学、そして女性史」の問題を論じるかたちをとっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 女性労働-ジェンダーと階級の十字路で(日本の社会科学とジェンダー-「女工哀史言説」をめぐって
  • 歴史のなかのジェンダー-明治社会主義者の言説に表れた女性・女性労働者)
  • 2 性と生殖をめぐって(バース・コントロールの思想-性と生殖の自由をもとめて
  • 歴史の全体像をもとめて-フェミニスト歴史家シーラ・ローバトムの先駆的仕事)
  • 3 家族の位置-ベティ・フリーダンの射程(1950年代アメリカ・マッカーシズム・女性-丸山真男の同時代ファシズム観
  • 1950年代アメリカと1990年代日本-山口地域におけるグローバリゼーションの一局面
  • 家庭における性別分業の現在-新しい家族像をもとめて)
  • 4 女性学の可能性、女性史の再創造(近代日本女性史の再創造へ-テキストの読み替え
  • フェミニズム理論の構築に向けて-アメリカ女性学のなかで考えた日本の課題
  • 女性学とジェンダー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性学の再創造
著作者等 三宅 義子
書名ヨミ ジョセイガク ノ サイソウゾウ
書名別名 Joseigaku no saisozo
出版元 ドメス
刊行年月 2002.12
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 4810705900
NCID BA60476476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20368533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想