通信崩壊 : IT革命と規制緩和の結末

藤井耕一郎 著

「構造改革」で通信業界は死滅する!大量の失業者と莫大な赤字を生む構造を創り出したのは誰なのか?構造改革を語るうえで必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本の通信がたいへんなことになっている(日本経済史上最悪、赤字八〇〇〇億円超のNTT
  • 海外の電話会社も大赤字にあえいでいる ほか)
  • 2 「構造改革」が通信をダメにする(言葉の中身がはっきりしない「構造改革」
  • 構造改革の手法その1-アンバンドリング ほか)
  • 3 技術革新で通信業界が自滅する(通信費はほんとうに安くなったか
  • 技術革新が不良資産を生んでいる ほか)
  • 4 通信自由化政策を進めた怪しい人脈(「IT戦略本部」の人脈を読み解く
  • 森前首相とIT戦略本部メンバーが密会していた!? ほか)
  • 5 だれにもいいことがない未来(「自由化」からは決して自由競争は生まれない
  • 通信事業はますます「ハイリスク・ローリターンなゲーム」となっていく ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通信崩壊 : IT革命と規制緩和の結末
著作者等 藤井 耕一郎
書名ヨミ ツウシン ホウカイ : IT カクメイ ト キセイ カンワ ノ ケツマツ
出版元 草思社
刊行年月 2002.12
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4794211813
NCID BA60469481
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20364734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想