父 : 家族概念の再検討に向けて

孝本貢, 丸山茂, 山内健治 編

精子バンクからの受精、非婚、シングル母など家族の概念が揺らぐ今、「父」をとおして、家族とは何かを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 父をめぐる歴史と法(「父」という問題構成
  • 古代・中世の父)
  • 第2部 父と婚外子(近代日本における父-私生子認知法を中心に
  • 現代日本における婚外子と父-法制度の検討
  • フランスの親子法における真実と意思-実親子関係の変化と親子関係(父子関係)の意味
  • 他者としての父-東マレーシア、サラワク州の国境地帯における婚外子の事例より)
  • 第3部 家族の変動と父性(新宗教における家族観と父-イエスの方舟と立正佼成会を事例として
  • スウェーデンにおける婚外子と父
  • 男性の次世代育成力をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 父 : 家族概念の再検討に向けて
著作者等 丸山 茂
孝本 貢
山内 健治
比較家族史学会
書名ヨミ チチ : カゾク ガイネン ノ サイケントウ ニ ムケテ
書名別名 Chichi
シリーズ名 シリーズ比較家族 / 比較家族史学会 監修 第3期 1
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2003.1
ページ数 205p
大きさ 21cm
ISBN 4657031031
NCID BA60466370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20375667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想