ゾルゲ追跡  下

F.W.ディーキン, G.R.ストーリィ [著] ; 河合秀和 訳

1941年8月、東京発モスクワ宛緊急暗号電。「軍部首脳は、ソ連に対し本年中は宣戦しないと決定した。」8年におよぶ日本での諜報活動。ゾルゲは、いまや任務を完全に達成しようとしていた。ところが、まさにそのとき…。ふたりの歴史家の「ゾルゲ追跡」は佳境を迎える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第11章 グループの確立
  • 第12章 技術的活動
  • 第13章 シベリアと太平洋-幕切れ寸前の勝利
  • 第14章 終りの始まり
  • 第15章 東京拘置所
  • 第16章 ゾルゲ事件の拡がり
  • 第17章 マイジンガー大佐の報復
  • 第18章 終幕
  • エピローグ 伝説と現実

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゾルゲ追跡
著作者等 Deakin, F. W.
Deakin, Frederick William
Storry, Richard
河合 秀和
Deakin F.W.
Storry G.R.
ストーリィ G.R.
ディーキン F.W.
書名ヨミ ゾルゲ ツイセキ
書名別名 The case of Richard Sorge

Zoruge tsuiseki
シリーズ名 岩波現代文庫 : 社会
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.1
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 4006030746
NCID BA60459615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20369586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想