早わかり分子軌道法

武次徹也, 平尾公彦 共著

本書では、「分子軌道法」の基礎にあたる部分を記述対象とする。記述に際してとくに心がけたのは、諸者諸君に「分子軌道」の概念に至る流れの全体像をつかんでもらうことを目指したところである。式の導出や細部にはあまりこだわらずに、まず一気に読み通してほしい。必ずや「分子軌道法」への取っ掛かりが得られ、個別の知識をつなぐことができるはずである。そして一通り目を通したら、こんどは式の展開を自分の手で確認しながら再読してもらいたい。「分子軌道法」のような理論体系をみずからの血肉とするためには、このプロセスなしにはありえない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 分子の科学
  • 第2章 ボルン・オッペンハイマー近似
  • 第3章 1中心1電子系
  • 第4章 独立電子近似
  • 第5章 ハートリー法
  • 第6章 ハートリー・フォック法
  • 第7章 電子の詰まり方
  • 第8章 基底関数とは
  • 第9章 ハートリー・フォック・ローターン法
  • 第10章 独立電子近似を越えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 早わかり分子軌道法
著作者等 平尾 公彦
武次 徹也
書名ヨミ ハヤワカリ ブンシ キドウホウ
シリーズ名 化学サポートシリーズ / 右田俊彦 ほか編
出版元 裳華房
刊行年月 2003.1
ページ数 114p
大きさ 21cm
ISBN 4785334096
NCID BA60459499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20372454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想