歌右衛門の疎開

山川静夫 著

六世歌右衛門は戦争末期、著者の先輩今福祝アナウンサーの厚木の実家に疎開した。彼は坊主頭でカーキ色の国防服を着てゲートルを巻き、力仕事をした。十五代目羽左衛門、勘弥、勘三郎、十一代目の団十郎、二代目松緑-名優たちへの挽歌を中心に、脇役や大向うの人々、自らの声色修業など、歌舞伎にまつわるエピソードを名調子で語る好エセッイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 湯田中の羽左衛門
  • 車の中の団十郎
  • 歌右衛門の疎開
  • 大向うの人々
  • わが声色修業
  • 声色仕掛人
  • 松緑の初飛行
  • 晩年の勘弥
  • 二人鯉三郎
  • 劇しき人〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌右衛門の疎開
著作者等 山川 静夫
書名ヨミ ウタエモン ノ ソカイ
書名別名 Utaemon no sokai
シリーズ名 岩波現代文庫 : 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.1
ページ数 272p
大きさ 15cm
ISBN 4006020600
NCID BA60452809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20369583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想