戦争倫理学

加藤尚武 著

九・一一以後、世界は戦争に向かって地滑りを起こしているのかもしれない。こうした状況にあって、ともすると人は、戦争が生み出す悲惨な現実に慣れてしまい、正気を失ってしまう。まやかしの議論に乗せられないためには、戦争に関する最低限の議論を知っておかなくてはならない。本書は、そうした重要論点を整理し、戦争抑止への道を探る戦争倫理学の試みだ。同時多発テロに端を発する米国の軍事行動、ロールズの原爆投下批判、憲法九条問題などが取り上げられており、いま、戦争について冷静に考え、実りある議論をするための、重要な手がかりを与えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦争に関する正気とは何か
  • 戦争の二種類のルール-戦争目的規制(jus ad bellum)と戦闘経過規制(jus in bello)
  • 連続テロに対する報復戦争は正当か-私の第一の反戦メイル
  • 国家という猫には誰も鈴をつけられない-トーマス・モアの処刑とグローティウスの戦争論
  • アメリカの良心は「ヒロシマ」に「ノー」と言った-ロールズの原爆投下批判
  • ゲルニカを忘れないで-私の第二の反戦メイル
  • 鉛の兵隊さんはどうして美しい制服を着ているのか-傭兵軍から国民軍への転換
  • カントの「永久平和論」
  • 人は共和国のために命を捧げる-ヘーゲルの考えた国家と戦争の関係
  • 戦争をした日本は有罪か-「東京裁判史観」と東京裁判の問題点〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争倫理学
著作者等 加藤 尚武
書名ヨミ センソウ リンリガク
書名別名 Senso rinrigaku
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.1
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4480059822
NCID BA6045168X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20372893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想